The World of BLUE HUNTER
  1. TOP
  2. 世界観・設定
  3. 物語の背景 - 海中発送電塔(シーフォース)

物語の背景

海中発送電塔(シーフォース)

⾵⼒、太陽光、および潮⼒・熱⽔など様々な発電器を有し、海洋都市およびUGへの電⼒供給を担う⾃律稼働施設。1塔あたりの⾼さが1,000〜6,000mにも及ぶ巨⼤構造であり、グラン・ムー近傍のみで⼆百数⼗本が稼働中。垂直⽅向1,000mおきに「ベース」と呼ばれる浮遊構造体(ブイ)を規則正しく展開している。各ベースはケーブルで接続されており、最下層のみ⽔平⽅向のケーブルを展開、超⻑距離の送電を⾏う。

また各ベースは周辺に⼩さな浮遊蓄電器(エレポール)を展開しており、UGや船はそれに接舷し、電⼒供給を受けられる。

PREV

10/10

NEXT

10/10

PREVNEXT
アートコンペ結果発表
PAGE TOP